• ホーム
  • 水虫予防に靴やブーツのケアを行ないましょう

水虫予防に靴やブーツのケアを行ないましょう

水虫というと男性が罹りやすいというイメージがありますが、実は女性でも水虫で悩んでいるという人は少なくはありません。
今や日本人の4、5人にひとりは水虫持ちと言われている世の中、自分だけは大丈夫などとタカを括っているのは危険です。
現在は水虫とは無縁だという女性でも罹ってしまうリスクはあるので、そうなる前に予防することが大切であることを覚えておきましょう。

水虫は白癬菌というカビの一種が感染することによって罹りますが、この白癬菌はジメジメした湿った環境が大好きです。
通気性が悪く高温なうえに高湿度の環境といえば、まず靴の中であるということは誰でも想像に難くないはずです。
1日中同じ靴を履いたままセールスに向かう営業マンが水虫に罹りやすいのも、蒸れた靴の中で白癬菌が活動しやすいからに他なりません。

高温多湿の環境といえば女性のブーツの中も同じ状況だと言えるのではないでしょうか。
冬場の長いブーツは確かに暖かくて快適な履き心地ですが、履きっぱなしのブーツの中は汗で蒸れておりかなりの湿度となっています。
つまり水虫を育てるには最高の状況であると言っても過言ではありません。
今は足が痒くないからといって予防を怠ると、自分でも気がつかないうちに感染してしまうリスクがあるので、冬の足元にはブーツが必需品と考える人はしっかりケアをするようにしましょう。

湿っぽいところが好きな白癬菌は、その反対に乾燥した場所では繁殖することができません。
ですから水虫予防の最大のポイントは、常に足の指を清潔にしておくと共にブーツや靴の中を乾燥した状態に保つということです。
普段からのこういったケアが水虫予防につながります。

では、具体的にはどうすれば靴やブーツを乾燥した状態に保つことができるのでしょうか。
なかなか丸洗いするという訳にはいかないでしょう。
洗わなくても靴やブーツの中を湿らせない工夫はいくつかあるので、是非試してみて下さい。

靴は毎日履き分けるのが水虫対策になります

まずは普段履いている靴やブーツを日陰で干すなどして十分に乾燥させてください。
中敷きが汗を吸い尽くしているという場合は菌が入り込んでいることも考えられるので、思い切って中敷きを取り換えるというのも良い考えです。

十分に乾燥したら抗菌スプレーを吹き付けてください。
抗菌スプレーは乾かす前の靴に吹き付けても効果があまり得られないので、必ず1度靴を乾燥させてから行います。
そして再度しっかりと完全に靴やブーツを乾燥させてから履くようにしてください。

また、同じ靴やブーツを毎日履き続けないということも水虫予防の大きな助けとなることも忘れてはいけません。
今日1日履いた靴の中にくしゃくしゃに丸めた新聞紙を入れて、明日は違う靴を履いて出かけるというように、何足かの違う靴をうまくローテーションさせることで、靴の中の日常的な蒸れを防ぐことが可能となります。
新聞紙は汗や湿り気を吸い取るという重要な役割を果たすお助けグッズです。
靴を陰干しする際にも中に入れておくと効果が得られるでしょう。

毎日の靴を履き分ける習慣がついたら、できることならば職場ではサンダル履きにするなどして、通気性の良い足元を演出してみてください。
女性の場合はどうしてもストッキングをはく場面が多くなるので、足元の湿気は避けにくくなります。
オフィスの席に着いたら靴だけでも空気が通りやすいものに履き替えるだけでもかなりの効果が期待できるはずです。

このように少しのケアで水虫は予防することができます。
自分は汗をかきやすい体質であるとか、家族にすでに水虫に罹っている人がいるという場合は、特に気をつけることが肝心です。
常に足元を乾燥させるということを念頭に置いておきましょう。

関連記事